白井田七糖尿病

1番おすすめのサプリが!!

【白井田七】がお得に購入できる公式サイトはコチラ!

 

白井田七は糖尿病や痛風・更年期・血糖値対策に効果的って本当?!

 

白井田七は田七人参という植物の栄養素を丸ごと摂取できるサプリメントです。

 

田七人参は高麗人参と似ていますが、その成分・効果は高麗人参よりも優れていると言われ、数百年前の古来から健康増進や滋養のために使われていました。

 

現代の私たちは不規則な生活習慣・偏った食事・ストレスなどで様々な体の不調を抱えがちですが、田七人参はそんな私たちの心身を健康へ導いてくれるパワーを持っているのです。

 

 

白井田七の効果・効能は多岐に渡りますが、糖尿病や血糖値・痛風・更年期障害にも効くと言われています。

 

 

年齢を重ね、健康診断の数値が気になる男性、女性特有の不調に苦しんでいるという人には朗報ですね。

 

 

しかし白井田七は医薬品ではなくサプリメント。

 

本当にそれらの病気に効果があるのか、半信半疑の人も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで今回は、白井田七が糖尿病や血糖値・痛風・更年期に効果があるのか、成分や口コミを検証して徹底的に調べました。

 

これらの症状に悩む人、化学的なものは使わずに健康対策したい人はぜひ参考にしてください!

 

 

白井田七は糖尿病・血糖値に効果的?

 

糖尿病とは

 

私たちがご飯や麺類、スイーツなどの糖質を食べると、体内で消化されてブドウ糖になり、ブドウ糖は血管の中に入って血液とともに身体中を巡ります。

 

血液中のブドウ糖濃度を数値化したものが血糖値です。

 

 

血糖値が高くなると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

 

ブドウ糖が血液の流れに乗って体の各所にたどり着くと、インスリンはブドウ糖を血液から細胞内へ取り込む手伝いをします。

 

こうして細胞にブドウ糖が届けられ、エネルギー源となって活動や生命を支えているのです。

 

 

インスリンの分泌が不足したり、インスリンの働きが鈍くなったりしてブドウ糖が細胞内に取り込まれず、血液中に溢れてしまう状態が糖尿病です。

 

 

糖尿病には、膵臓のインスリンを作る細胞が壊されてインスリンが分泌できなくなる「1型糖尿病」と、遺伝的要因や生活習慣などの原因によりインスリンの分泌や働きが衰えて血糖値が高い状態が続く「2型糖尿病」があります。

 

糖尿病患者の約90%が、生活習慣や食生活の影響の大きい2型糖尿病と言われています。

 

 

白井田七の糖尿病・血糖値に効果的な成分とは?

 

白井田七に含まれる成分のうち、特に糖尿病や血糖値対策に効果的なのが、「サポニン」と「パナキサトリオール」です。

 

サポニンとは植物の根・葉・茎などに含まれる多糖体の一種で、苦味成分の一つです。

 

 

サポニンは血液サラサラ効果、免疫力向上効果なども優れていますが、インスリンと似た働きをすることが分かっており、血糖値を下げて糖尿病の予防や改善に働きかけます。

 

パナキサトリオールは食後血糖値・空腹時血糖値両方を下げる効果があることが確認されているほか、筋肉への糖の取り込み量を増やす効果があるとされています。

 

 

白井田七糖尿病・血糖値への効果に関する口コミ

 

(おたからちゃんさん 30代 女性)

 

父が糖尿病を患っており、母からの勧めに従って白井田七を飲み始めました。

 

最初は効果に期待していなかったようですが、血液検査の血糖値の数値が徐々に良くなり、今では必需品です。

 

出張にも持参するほど白井田七に頼っています。

 

(Ichiro1755さん 50代 男性)

 

白井田七を飲み続けて健康管理をしてますが、一時中断したら健康診断での血糖値が少し高くなってしまいました。

 

白井田七は即効性があるサプリではなく、継続することで効果が出るものだと実感し、今後は飲み続けていくつもりです。

 

(いましょう1593さん 50代 男性)

 

血液検査でHbA1cが高値となり、境界型糖尿病に。

 

それをきっかけに白井田七を飲み始めました。

 

もう3年継続していますが、おかげ様で数値は安定しています。

 

お酒も程よく飲むことができています。

 

 

このように、糖尿病と診断された人はもちろん、境界型糖尿病の人、血糖値が少し気になりだした人にも白井田七が有効なことが分かりますね。

 

 

白井田七は痛風に効果的?

 

痛風とは

 

血液中には「尿酸」という物質が存在し、正常な尿酸の値は7r/dLです。

 

それを越えると「高尿酸血症」と診断されます。

 

 

そして尿酸値が高い状態が続くと体内に尿酸の結晶(尿酸塩結晶)が溜まり、やがて関節の炎症と激痛を発症します。

 

これが「痛風」で、痛みは突然起こり、非常に激しいことから「痛風発作」と呼ばれています。

 

 

痛風発作は1週間〜10日ほどでおさまることが多いですが、繰り返すことが多く、発作を何度か起こすうちに結節ができたり、腎臓機能の異常や尿路結石を引き起こす場合もあります。

 

 

また、尿酸値が高い人は動脈硬化や尿酸値が高い人は動脈硬化を引き起こす危険も高いと言われています。

 

尿酸値が高くなる原因には遺伝的体質と生活習慣が大きく関わっていると言われ、特にプリン体の多いもの(レバーや魚の干物など)、アルコール、果糖などを過剰に摂ると尿酸値が上がりやすいと言われています。

 

白井田七の痛風に効果的な成分とは?

 

痛風は尿酸値が高値の状態が続くと発症すると述べましたが、同時に活性酸素が大量に発生していることが分かっています。

 

白井田七に含まれるサポニンは、この活性酸素を抑える働きがあります。

 

また、腎臓の機能を高める効果もあるため、尿酸を体内に溜めず、排出を促します。

 

さらに消腫作用もあることが分かっており、関節の腫れを起こしている場合、それを鎮めてくれます。

 

サポニンの他に白井田七に含まれる痛風に有効な成分といえば「田七ケトン」。

 

これは田七人参特有の成分で、関節の炎症を鎮めて痛みを緩和してくれると言われています。

 

 

白井田七の痛風への効果に関する口コミ

 

(PINETREEさん 40代 男性)

 

私は高尿酸血症と診断されており、痛風発作を予防するために白井田七を飲み始めました。

 

飲み始めてから発作は1回も出ておらず、太りにくい体質になったような気もします。

 

良い商品に出会えてよかったです。

 

これからも続けます。

 

(購入者さん 年代不明 男性)

 

かかりつけ医の判断で高尿酸血症の内服治療を始めました。

 

白井田七を飲み続けていたところ、尿酸値が順調に下がりました。

 

白井田七を飲み始めて2年ぐらいになります。

 

尿酸値が最も高かった時は8〜10ぐらいあったのに、白井田七を飲むようになってからは7.8に低下。

 

その後内服(最も弱い薬)と並行して白井田七も続けたところ、5.2まで下がりました!

 

(のりたまさん 30代 女性)

 

昨年夫が痛風と診断されました。

 

白井田七は痛風にも良いと聞き飲み始めたところ、一度も再発することなく元気に過ごせています。

 

お酒が大好きで、やめなければいけないのはかわいそうだと思っていましたが、白井田七のおかげでやめずに楽しめています。

 

 

白井田七を飲み始めてから痛風発作が出なくなった、という意見が多いですね。

 

 

白井田七は更年期に効果的?

 

更年期障害とは?

 

現在、日本人女性の閉経年齢の平均は50.5歳と言われています。

 

閉経前後の45〜55歳の時期を「更年期」と呼んでいます。

 

 

閉経を迎えると卵巣の機能が低下し、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が急激に減少します。

 

するとそれまでエストロゲンによってリズムを保ったり正常に働いていた体の各器官がうまく機能しなくなってしまうのです。

 

 

また、エストロゲンが減少すると脳の使用下部にある下垂体がエストロゲン分泌の指令を出しますが、卵巣機能が低下しているためうまく分泌されません。

 

それが脳に混乱を招き、視床下部のコントロール下にある自律神経の調節もうまくいかなくなります。

 

 

このようにして様々な不快な症状が発生してしまうのです。

 

 

主な症状としては、多汗・ほてり・倦怠感・めまい・耳鳴り・末端の冷え・動悸・しびれ・頭痛・不眠・不安・イライラなど。

 

 

これらの症状が日常生活に使用をきたす程強く出ている場合を、更年期障害といいます。

 

白井田七の更年期に効果的な成分とは?

 

白井田七に含まれるサポニンは、更年期障害にも効果を発揮します。

 

サポニンは副腎皮質ホルモンを分泌する作用があります。

 

副腎皮質ホルモンとは、ストレスを感じた時にストレスから体を守るために副腎という臓器から分泌されるホルモンのことで、これによってストレスから守られ、楽な状態に戻ることができます。

 

また副腎脂質ホルモンは乱れた女性ホルモンのバランスを調整してくれる働きもあるのです。

 

さらにサポニンには血液の流れを良くする作用があるため、倦怠感・ほてり・冷え・疲労などの症状を改善してくれます。

 

また、田七人参に含まれるギャバはリラックス効果があり、更年期の精神的な症状を緩和してくれます。

 

そしてフラボノイドは抗酸化作用が強く、細胞の老化を抑制してくれます。

 

 

白井田七の更年期への効果に関する口コミ

 

(ka24-ya35-ke-36さん 40代 女性)

 

更年期特有の症状が辛く、白井田七を飲み始めて約1年半。

 

朝起きぬけに8粒飲むのが日課です。

 

飲み始めてから、症状が軽くなりました。

 

毎日元気に過ごせて嬉しいです。

 

(hany.kさん 50代 女性)

 

とにかく更年期障害の症状が辛く、不安感・億劫感・体や頭が重い・倦怠感などで起き上がれない日もありました。

 

婦人科を受診して漢方薬を飲んだり、HRT、プラセンタ注射・色々なサプリなど試しましたが効果はいまいち。

 

そんな時に白井田七と出会い、朝・昼・夕各2粒ずつ飲み始めたら・・・今までとは比べ物にならない効果を実感しました!

 

1か月ほど継続していますが、体が軽くなり気分も上がり、活動的な自分を取り戻した気がします。

 

(キラキラ2004さん 30代 女性)

 

更年期の症状が出始めて、頭痛やめまいが辛くて仕事を休んでしまったり、周りにも迷惑をかけて気分も塞ぎがちに。

 

サプリは数種類試しましたが効き目は感じられないまま、新しいサプリを探していました。

 

ネットで白井田七の口コミや評判が良いのを見つけ、さっそく注文して飲み始めました。

 

効果はてきめん!

 

頭痛もめまいが軽くなり、仕事もてきぱきとこなせるようになりました。

 

 

更年期障害は人によって症状が様々ですが、白井田七のサポニンが根本に働きかけるため、どんな症状でも改善が期待できそうですね。

 

 

まとめ

 

白井田七は糖尿病や血糖値・痛風・更年期に効果があるのか、成分や口コミから検証してきました。

 

 

結論はズバリ「全てに効果がある」。

 

 

そしてその効果には全て「サポニン」が関わっていることが分かりました。

 

 

白井田七の原料である田七人参は、サポニンの含有量が極めて多いのが特徴です。

 

 

その量は高麗人参の7倍以上と言われています。

 

 

サポニンはあらゆる生活習慣病を遠ざけ、心身の滋養となる成分なのです。

 

 

白井田七のパワーは、病気の改善や予防に働きかけるだけでなく、活動的な生活をサポートしてくれるでしょう。

 

 

ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

1番おすすめのサプリが!!

【白井田七】がお得に購入できる公式サイトはコチラ!