糖尿病1型2型とは?

糖尿病1型2型とは?

血糖値をコントロールできない一生治らい病気で糖尿病があります!

 

血糖値は空腹時以外にも糖分の多いビールの飲み過ぎでも高くなります。

 

ですが普通の人はインスリンが分泌される為血糖値を一定に保つことが出来ます!

 

糖尿病の特徴で高くなった血糖値は自力でコントロールできないのです!

 

そして血糖値は高いままでずっと高くなってしまうのです。

 

血糖値が高くなると、500mg/dl以上で意識が遠のく、昏睡状態になるなどの症状が現れます。

 

また食べてるのに体重が減る症状が出てきます。

 

こうなればもう糖尿病の発症初期に入っているかもしれません!

 

さてあなたは糖尿病にはいくつか型があるのを知っていますか?

 

糖尿病には原因別に大きく分けて「1型糖尿病」「2型糖尿病」の2つのタイプがあります。

 

1型糖尿病は、発症するのは子どもや若い人に多く、最初は風邪に似た症状が出ます。

 

2型糖尿病はゆるやかに発病し、進行もゆっくりと言う特徴があります!

 

糖尿病は自覚症状がないまま進むので発見が遅れて取り返しのつかない事になる事が多々あります!

 

糖尿病は悪化してからでは治療も大変になりますし、命に関わる場合もあります。会社の健康診断で血糖値が高い場合はまず糖ダウンに頼ってみるのもいいかもしれませんね!

 

【糖尿病症状】あなたはこんな症状大丈夫?